2013年07月30日

不妊治療助成金43歳未満に制限

体外受精

不妊治療助成金  43歳未満に制限
不妊治療にかかる費用の助成制度

43歳の線引き

不妊治療の結果が年齢によって大きく左右される。

体外受精が出産につながった割合は

32歳までは約20%
35歳を過ぎると下がる
43歳では2%

一方で流産してしまう割合は年齢とともに上がる

43歳で55.2%が流産

体外受精の費用は1回30~50万円
国と都道府県は 1回あたり15万円を助成してきた。
これまでは、年齢制限なしで5年間で10回まで助成制度を利用出来た。

昨年度は助成件数13万件超 200億円
国や都道府県の負担は年々増えてきており、
今回の助成制度の見直しに至った。

年齢  43歳未満
利用回数は6回まで

吉村泰典 慶応大教授
「43歳以上の体外受精は非常に危険だと知って欲しい」
posted by G拳法 at 10:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
仙台婚活
山形婚活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。